公開日: |最終更新日時:

アイブロウリストになるための美容師免許の取得方法

眉毛をきれいに整えるアイブロウリストになるためには、美容師の国家資格を取得する必要があります。本記事では、アイブロウリストを目指す人に向けた美容師免許の取得方法について解説します。

アイブロウリストに美容師免許は必要?

まつげエクステを行う「アイリスト」には美容師の国家資格が必須ですが、眉毛を整える「アイブロウリスト」においても、美容師の免許を取得することが条件となっています。

顧客の体に直接触れて、ハサミを用いた施術を行う仕事なので、美容師がもつ知識と技術同様のスキルを身につける必要があるという考え方から、法律で定められています。

ただし、ハサミを使用しない「眉毛ワックス」の施術のみを行う場合には、美容師の免許は必要ありません。

美容師免許の取得方法

美容師の免許を取得するためには、必ず専門学校で所定のカリキュラムを消化しなければなりません。しかし、社会人でも美容師免許を取得できるよう、働きながら学べる通信制の専門学校もあります。

美容学校に通って国家資格を取得する

全日制、もしくは夜間制の美容学校に通って学び、所定のカリキュラムを消化したうえで国家資格を取得するという流れが一般的です。美容学校は全国にたくさんありますので、自宅から通いやすい学校を選ぶのもよいですし、アイブロウリストについて学べる授業を用意している専門学校を選ぶのもよいでしょう。

美容学校では、アイブロウリストの授業のほかにも、メイクやエステ、着付け、ネイルなど、美容師以外の美容関連について幅広く学ぶことができます。自分のスキルアップに役立つと思う授業は積極的に履修することをおすすめします。

通信制の美容学校で学びながら国家資格を取得する

全日制や夜間制の美容学校は、平日毎日通学しなければなりません。社会人美容師免許を取得したい場合、全日制は通うことが難しいですし、夜間制も毎日通うのは厳しいと感じる人もいるでしょう。美容学校には通信制を設けているところがありますので、働きながら美容師免許を取得したい人は、通信制を利用するのもひとつの方法です。

ただし、全日制や夜間制は2年間で修了して国家資格の受験資格を得られるのに対し、通信制は3年感と1年長いカリキュラムが組まれています。当然ストレートで免許取得できるとしても全日制に通っている人より1年間遅れていますので、この点を踏まえた上で検討してください。

美容師免許取得後にアイブロウリストの資格も取ろう

美容師免許を取得すればアイブロウリストとして活動することができますが、できればアイブロウリストの民間資格も取得しておくと、即戦力として就職で有利になる可能性があります。民間資格を取得することで、アイブロウリストとしての知識が技術を持っていることを証明できるからです。

アイブロウリストの民間資格の中には、美容師免許を取得していなくても受験できるものがありますが、美容師免許を取得していないと受験できないものもあります。

まずは美容師免許の取得を目指し、その上でアイブロウリストの資格取得を検討することが望ましいでしょう。

無料体験レッスンあり!導入までのサポートが手厚い
アイブロウスクール3選

キャッチ

ジャパンアイリストカレッジ
ジャパンアイリストカレッジの公式サイト画面
引用元:ジャパンアイリストカレッジ公式HP(https://www.jeyelistc.jp/)
料金(税込)
1人 28 万8,090円~
2人 34万3,090円~
( 1人当たり17万1,545円)
アフターフォロー
技術/導入/商材/開業
ジャパンブロウティストスクール
ジャパンブロウティストスクール(JBS)の公式サイト画面
引用元:ジャパンブロウティストスクール公式HP(http://eyebrow.co.jp/index.html)
料金(税込)
1人 28万500円~
2人 41万1,800円~
(1人当たり20万5,900円)
アフターフォロー
技術/商材
エールビューティーアカデミー
エールビューティーアカデミーの公式サイト画面
引用元:エールビューティーアカデミー公式HP(https://aile-academy.com/)
料金(税込)
1人 16万5,000円~
2人 33万円~
(1人当たり16万5000円)
アフターフォロー
商材

※エールビューティーアカデミーは電話番号の記載なし

【3校の選定方法について】
Googleで検索した結果、上位に表示されている18社のスクールを調査(2020年12月15日時点)。
アイブロウスクールの選び方(詳細はこちら)に基づき、カリキュラムの質をチェックできる「無料体験」があり、「サロンメニューとして導入後も手に入る商材」を使ったレッスンを提供しているスクール3校をピックアップしました。卒業後も事業をサポートしてくれるアフターフォロー体制についてもチェックしています。

尚、料金は「アイブロウメニューでお店の価値を高める! 選ぶべきアイブロウスクールガイド」編集部が独自に調査し、受講料、教材費、消費税の合計を算出しています。