公開日:|更新日:

アイブロウリストになるには

この記事では、お客様の眉を整えるアイブロウリストについて紹介しています。どのような技術や資格が必要なのか、さらにどんな就職先があるのかといった情報をまとめています。

アイブロウリストとは?

それぞれの人に合わせて眉を整えるスペシャリストを「アイブロウリスト」と呼びます。
眉毛は、その人の印象を左右する重要なパーツ。さらに、時代によってさまざまな形の眉が流行することもあり、自分にはどんな眉が似合うのかがわからない、と悩んでいる方が多いといえるでしょう。
さらに、眉毛の整え方もよくわからず、自己流で整えて失敗してしまった…という経験がある方も。
このような眉の悩みを解決してくれるのが、アイブロウリスト。ひとりひとりの骨格や顔の形、印象に応じて眉のデザインを提案し、整えるのが仕事です。

アイブロウリストに必要な技術や資格は?

アイブロウリストとして、活躍する上で必要となる技術や資格について紹介します。

アイブロウリストに必要な技術

アイブロウリストとして働くには、お客様ごとに合った眉毛をデザインする力がまず必要です。さらに、デザイン通りの眉を作るためのカット技術も身につけなければいけません。施術時には細かい作業が求められることから、手先の器用さも必要な技術といえるでしょう。
また、眉のデザインを決めるためにはお客様の要望を的確に汲み取る必要があります。そのためのコミュニケーション力も求められます。

アイブロウリストに必要な資格

アイブロウリストになるためには、「美容師免許」が必須です。そのため、現在美容師免許は持っていないがアイリストを目指したい、という人は、美容学校を選ぶ際にアイブロウリストの技術を学べて美容師免許の取得も可能かどうかをポイントにして選ぶと良いでしょう。
美容師は、髪をカットするなどヘアスタイルに特化しているイメージもありますが、美容全般を扱う仕事。アイブロウリストは骨格や前髪、まつげエクステなどのバランスを見て、その人に似合う眉毛をデザインするスキルも必要となってくるため、美容に関する知識や技術が必要であるといえるでしょう。

アイブロウリストに関連する資格

ブロウティスト

「ブロウティスト」とは、眉のプロフェッショナルを育成するJAPAN BROWTIST SCHOOLが主催する認定資格です。定められた講習過程を修了し、検定試験に合格すると技術証明書が発行されます。「ブロウティスト」として認定されるには、上級のデザイン理論知識が身についていること、さらに顔の印象を瞬時にコントロール可能なデッサン力に加え、一定の時間で表現できるだけのデザイン力が必要。以上の内容に加えて、お客様への提案力も求められます。

資格取得で得られるスキル

ブロウティストでは、眉学や肌の構造と眉毛の仕組み、デザインテクニックの基礎とアレンジデザインのスキル、ワックス脱毛のテクニック、ワキシングケア、アイブロウマッサージ、カウンセリングマッサージなどのスキルを得ることができます。これらのスキルを身に付けるためにiPadやマネキンを使ったり、実際のモデルに協力してもらいテクニックを磨きます。

受講費用

どんな眉でも対応できるようになるブロウティストの費用は次の通りです。

  • コース名 :ブロウティストコース
  • 受講時間:4日間(24時間)
  • 受講料:377,500円(税込)
    ペア料金割引料金304,700円/名(税込)

2022年12月時点の情報です。

アイブロウィスト1~3級

日本アイブロウ協会による資格認定代理店が開催しているセミナーの受講により取得できる資格。1級から3級まで3段階の資格となっており、3級は「アイブロウの基礎知識と技術を有すること」、2級は「基礎知識と技術を有し、デザイン力と提案力があり、責任を持って入客できること」が認定の条件となります。そして1級に関しては「キャリアが3年あること、アイブロウィスト2級を有し、フルメイク力もあること」といった条件が定められています。
3級は永年発行ですが、2級と1級については年間更新制となっています。

資格取得で得られるスキル

アイブロウィスト1~3級の資格取得で得られるスキルについて、公式サイトでは具体的に記載されていません。しかし従来の美容院では「おまけメニュー」のような扱いであったアイブロウを、ヘアスタイルと同じように美しくデザインするレベルまでのスキルを取得する目的で講習が組まれているようです。

受講費用

2022年12月時点で、アイブロウィスト2級以外の費用についての記載は見つかりませんでした。

  • コース名 : アイブロウィスト2級取得講習
  • 受講時間:3時間
  • 受講料:定価125,000円/3級保持者73,000円(税不明)

2022年12月時点の情報です。

アイブロウマイスター

一般社団法人ジャパンブロウアーティスト協会が主催する資格。「初級アイブロウマイスター」と「プロアイブロウマイスター」の2種類があり、初級は自宅学習・自宅受験が可能なので気軽にトライできます。受験希望の場合は申し込みを行うとテキストとテストが送られてくるため、学習したのちにテストを返送。合格すると初級アイブロウマイスターとして認定されます。
また、プロアイブロウマイスターは2日間の実技講習を受け、眉アドバイザーとしての知識と技術を学んだ上で受験をします。合格すると、初級認定講座を開催することができるようになります。

資格取得で得られるスキル

自宅学習する初級アイブロウマイスターでは、眉毛の基礎知識や骨格・筋肉について、基本の眉型と眉型による顔の印象変化、顔や眉の黄金比、顔型と眉型の相性などを学習してそのスキルを取得します。テストに無事合格すれば初級アイブロウマイスター認定証顔型の取得が可能。そして初級合格後、希望者はプロコースの講習を受けることができ、資格取得後は実践的な眉サービスの接客技術や、眉の描き方などを教えられるようになり、初級認定講座を自由に開催できるスキルを得られます。

受講費用

初級アイブロウマイスターの受講費用は次の通りです。

  • コース名 : 初級アイブロウマイスター
  • 受講時間:テキストによる自主学習
  • 受講料:13,200円(税込)

2022年12月時点の情報です。

アイブロウトリートメント検定

一般社団法人 日本メイクアップ連盟による検定試験に合格すると取得できる資格。認定講師(アイブロウトリートメントマニエスト)、2級、1級の3つが用意されており、それぞれアイブロウトリートメントに関する知識と技術が求められます。
3級はアイブロウトリートメントの基本に関する内容、2級は様々なアプローチからのデザインや接客などの知識と技術、そして認定講師はアイブロウリストを育成するための指導方法などを身につけることができます。

資格取得で得られるスキル

3級ではアイブロウトリートメントの基本となるシザーズの使い方をマスター。2級では顔の輪郭や骨格を基にアプローチする眉のデザインや接客などを学びます。さらにアイブロウトリートメントマニエスト(講師資格)では、3級と2級の試験対応講習を実施してアイブロウリストを育成できるディプロマを取得することができます。

受講費用

公式サイトに受講費用の詳細はありませんでした。検定料は下記の通りです。

  • コース名 :アイブロウトリートメント3級
  • 受講時間:6時間以上
  • 検定料(合格認定証発行料込):4,000円(税不明)

2022年12月時点の情報です。

アイブロウリストの仕事内容は?

アイブロウリストが実際に行う仕事を紹介します。大きく分けると「事前のカウンセリング」「眉のデザイン」「眉を整える」の3つとなります。

事前のカウンセリング

事前カウンセリングとは、施術の前に「眉の悩み」や「理想の眉毛」といったことをヒアリングします。ただ単に話をするだけではなく、お客様がどんな骨格・雰囲気を持っているのかを確認するのもこのタイミング。眉毛をデザインする上で大切なステップであるといえます。

お客様に合わせて眉をデザインする

カウンセリングした内容をもとに、お客様の眉をデザインします。ひとりひとりの魅力を存分に引き出せるようなデザインをお客様と一緒に考えることになります。濃さや長さをチェックしつつ、お客様が納得できるような眉にするために、要望を大切にしながらデザインを決めていきましょう。

眉を整える

デザインが決定したら、眉を整えるステップに移ります。余分な毛は専用ワックスで脱毛、長い毛はハサミでカット、といったように道具を使い分けながら、デザイン通りに整えていきます。デザインによっては、アイブロウのエクステを用いて眉を整えることもあります。

アイブロウリストの就職先は?

実際にアイブロウリストの就職先としては、「眉毛専門サロン」「美容室」「自宅サロンを開業する」といった選択肢があります。それぞれに就職する場合に覚えておきたいポイントについて見ていきましょう。

眉毛専門サロン

まず、「眉毛専門サロン」への就職が考えられます。眉毛に関わる専門的な仕事をして行きたい、と考えている人は、このようなサロンに就職することがおすすめと言えるでしょう。専門サロンへ就職するメリットとしては、技術を磨くための研修や教育がしっかりしているところが多い、という点が挙げられます。特に実務経験がない、という場合には、研修制度がしっかりとしているかどうかをあらかじめ確認しておくと安心です。

まつげエクステサロン

アイブロウリストとしての知識と技術を身につけている場合、まつげエクステの施術を行うサロンに就職するという道もあります。これは、まつげと眉は同時に施術を行うこともあり、切っても切れない関係であるため。お客様にぴったりの眉毛が提案できれば、それまで抱えていた悩みを解決することができるかもしれません。
また、最近では目元の美しさに着目して、アイブロウの施術を取り入れるまつげエクステサロンも増えています。そのため、アイブロウリストもまつげエクステサロンで活躍できる可能性が十分あるといえるでしょう。

美容室

アイブロウリストとして仕事もしたいけれど、美容師免許も活かしたいと考えている場合には美容室への就職がおすすめです。ヘアの仕事をしたいのか、それともアイブロウリストの仕事をしたいのかと悩んでいる人にとっても良い選択肢と言えます。
ヘアメインの仕事とはなるものの、ヘアサロンには眉毛を整えたいという要望を持つ方も多く来店します。そんな時にはアイブロウの知識があるということで積極的に仕事を任せられるのではないでしょうか。

自宅サロンを開業

アイブロウリストとしての知識と技術を身につけて、自宅サロンを開業する、というのもひとつの選択肢です。例えばアイブロウの技術を学べるスクールの中には、「自宅サロン開業サポート」を用意しているところもあります。
ただし、お客様に接した経験がない状態でいきなり自宅サロンを開業するよりも、一定期間専門サロンなどで実績を積んでから開業する方が良いといえるでしょう。

アイブロウリストに向いている人とは

アイブロウリストには、次のような人が向いています。

  • 丁寧な施術ができる人
  • 流行に対するアンテナを張れる人
  • メイクや骨格の知識を学べる人
  • スキルアップを目指している人

アイブロウリストは、眉のカットや脱毛などをおこないます。顔まわりは非常に繊細な部分。傷や肌トラブルを起こさないよう、丁寧な施術が求められます。また、骨格や顔のバランスもお客様一人ひとり異なるので、専門知識も必要です。

アイリストについて

アイリストとは、まつげパーマやまつげエクステンションなどの施術をおこなう、まつげのスペシャリストです。「アイブロウリスト」と似ていますが、アイブロウリストは眉毛を整えるスペシャリストであり、アイリストとは専門とする顔のパーツに違いがあります。

目元によって第一印象が異なるため、近年サロンや美容室で施術をしてもらう女性が増加。需要が高まっています。

アイブロウトリートメント検定について

アイブロウトリートメント検定とは、眉毛のお手入れの技術を証明する資格検定です。3級では、基本3パターンの形のデザインや描き方を学びます。2級では、実際にモデルを使用してアイブロウトリートメント3パターンのデザインやテクニックを学びます。

講習によって基本を習得してから受験する流れになっているため、初心者でもチャレンジがしやすい点も特徴。

アイブロウマイスターについて

アイブロウマイスターとは、一般社団法人日本眉毛エクステンション協会が設立した「眉のアドバイザー資格」です。男性と女性の違いや顔の大きさ、パーツバランスといった「顔分析」から、お客様に似合う眉をアドバイスできるようになります。

美容師、エステなどの美容サービス従事者のほか、似合う眉を知りたい人、眉を上手に描きたい人も対象者になります。

アイブロウィストについて

アイブロウィストは、一般社団法人日本アイブロウ協会が認定している民間資格です。「JEA認定資格」とも呼ばれており、日本アイブロウ協会認定の代理店が開催するセミナーを受講することで取得できます。資格がなければアイブロウをおこなえないわけではありませんが、持っていると一定の知識や技能の証明になります。

*資格発行には「美容師免許」および「発行登録手数料」が必要です。

ブロウティストについて

ブロウティストとは、JAPAN BROWTIST SCHOOLが設けたアイブロウケアの認定資格です。名乗れるのは、深い知識と高い技術力を必要とするスリースター(★★★)以上を獲得した方のみ。そのため検定試験の受験者は、自身でサロンを経営している、理容師として勤務している、といった方が中心となっているようです。合格すると、眉形成のプロフェッショナルとしての自信をもって対応が行えます。。

アイブロウワックスについて

自分で眉毛を整えるのが苦手な方や、眉毛を整える手間を減らしたい方から選ばれているのが、アイブロウワックスです。ワックスを使った眉脱毛のことであり、一度施術を行えば長期間にわたって美しい状態を維持できます。1人当たりの施術にかかる時間は短く、アイブロウワックスのみであれば10分程度です。ただ、ワックスを剥がす際には痛みがあることや、失敗してしまうと元通りにできないこと、皮膚の状態をしっかり見極めなければならないなどの注意点もあります。

アイブロウリストになるための美容師免許の取得方法

アイブロウリストの仕事は、ハサミを使って眉毛の形を整えたり、はみ出している部分の眉毛を脱毛したりするなどして、眉毛をきれいにする仕事です。ハサミを用いて眉毛を整える場合は、美容師の免許がないと施術をしてはいけないと法律で定められています。このため、本格的にアイブロウリストとして活躍したい人は、美容師免許取得が必須です。こちらでは、アイブロウリストを目指す人に向けた美容師免許の取得方法について詳しく解説しています。

アイブロウ施術メニューの作り方

アイブロウの施術といっても、どんな方法でアイブロウを整えるのかによってメニューは異なります。しっかりとカウンセリングを行い、よりお客様の希望が叶えられる施術方法を選択しましょう。施術できるメニューの種類が多ければ、よりお客様の希望も叶えやすくなるはずです。こちらではアイブロウ施術メニューの作り方を詳しく紹介します。

アイブロウメニューの需要について

マスクをつけることが当たり前になった現在、目元のおしゃれに力を入れる人が増えたことから、今後もアイブロウの需要が高まっていくと予想されています。こちらの記事では、大手ウィッグ会社でもアイブロウ事業を手がけていたり、複数店舗を展開するアイブロウ専門サロンがあったりなど、具体的な事例をもとにどのくらいの需要があるのかを紹介していきます。

お客さんが「失敗」と感じるポイント

インターネットでは、アイブロウサロンでの失敗例が紹介されていることがあります。例えば眉毛の幅や希望の形と異なる、施術中に痛みを感じたなど、どんな時にお客さまが「失敗だった」と感じるのかというポイントについてまとめています。お客さまに失敗だったと思わせないような施術を提供するためにも、しっかりとチェックしておきましょう。

眉毛の形の種類はいくつ?

直線眉や平行眉、アーチ眉など眉の形にはさまざまなものがありますが、お客さまが希望する形も人それぞれ。アイブロウリストを目指すからには、眉毛の形にはどのような種類があるのか、という点についてよく知っておく必要があります。また、どのような顔にはどのような眉の形が似合うのか、という点についてもしっかりと理解しておきましょう。

オンライン講習を受けられるスクール

アイブロウの知識と技術を身に付けたいと思った場合には、オンラインで講習を受けるのもひとつの手です。今はオンラインスクールも増えてきていますが、その分迷ってしまうこともあるでしょう。こちらの記事では、オンライン講習を受けられるスクールと、それぞれのスクールの特徴をまとめています。スクール選びの参考にしてみてください。

ハリウッドブロウリフトとは

化粧品登録薬材を使って、眉毛をワックス脱毛したり眉毛にパーマをかけたりすることで、フワッと自由にデザインできるような毛の流れを実現するためのアイブロウソリューションのことを、ハリウッドブロウリフトといいます。ちなみに、使用する化粧品登録薬剤とは、言い換えると「生え癖矯正」であり、日本人の眉毛用に開発された薬剤のことです。

違和感のない眉毛の流れをコーミングすることにより、顔の形や筋肉、バランスなどをふまえた上で、その人の美しさを引き立てる眉になるよう仕上げていく方法です。

ハリウッドブロウリフトになるための条件

施術者になるためには、講習を受けることが必要です。ちなみに、株式会社 JULIA IVYが提供しているオリジナルトレーニングを受けた人のみが、ハリウッドブロウリフトの技術習得者として認められます。JULIA IVYの講習修了後に修了証明書が発行されます。そこで、正式にハリウッドブロウリフトの施術者として認められる流れになります。

設けられている講習は、次の3種類です。

BASIC ACADEMY

お客さんに対して、実際にHOOLYWOOD BROW LIFT®のサービスを提供できるようになるために必要な技術と理論を学ぶコースです。座学では、メニュー展開方法やマーケティング技術理論を解説しています。一方、実技においては、受講生が相モデルとなることで実践的な技術を学んでいきます。

指導を担当するのは、「全国HBLインストラクターオーディション」を通じてHBL認定のインストラクターになったスタッフです。サロン勤務者として経験した、リアルなエピソードなども聞かせてくれます。

FOLLOW UP ACADEMY

少人数制で行われているコースです。そのため、インストラクターが受講者ひとり1人の技術を確認し、苦手としているものについて特にしっかりとレクチャーしてくれるなど、きめ細やかな指導を受けられます。

「どうしたらもっと上手に施術できるようになるか」といった疑問への回答を得たり「注意しておきたいよくある失敗例」「SNS活用のポイント」などの情報を得たりすることができます。

BROW MASTERR TRAINING

アイブロウ業界における最高峰の称号Brow master®を目指している人におすすめです。大御所のスター達からの指名が絶えない「眉毛の神様」こと中嶋竜司氏から、じかに学ぶことができます。ビューティー界のカリスマ的存在である中嶋氏による、1日集中講座です。

キレイに仕上がった眉毛をより引き立たせるためのメイクについて、同じく中嶋氏から教わることができるのも、この講座の注目ポイントです。お客さんに、より高品質なサービスを提供するためのスキルを身に付けていきます。

講習にかかる費用

ハリウッドブロウリフトでは、ベーシックからプロフェッショナルまで、レベル別3種類の講習を行っています。まずは「ハリウッドブロウリフト施術者として認定されたい」と考えている方は、ベーシックコースを受講し、修了証明書を発行してもらう必要があります。受講にかかる費用は8万6,000円です。

修了証明書を取得すれば、プロユース専用の化粧品やアイブロウ専用のコスメブランドなどの取引をすることも可能になります。

ブロウラミネーションとは

「ラミネーション」とはパーマのことで、「ブロウラミネーション」は眉毛のパーマを指します。立体的な顔が作れるなどさまざまなメリットがあり、外国人風メイクも可能になりますが、定期的なメンテナンスが必要になるといったデメリットも。こちらの記事では、ブロウラミネーションの特徴に加えて、メリットとデメリットについてまとめています。

まとめ

アイブロウリストになるために求められる技術や資格、就職先などの情報をご紹介しました。アイブロウリストを目指す人は、ぜひこの記事の内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。ぜひ技術を身につけて、自分に合った就職先を見つけてください。

ハイブリット受講できるから学びやすい!おすすめのアイブロウスクール
3選

最短20分で施術できる技術を
学びたいなら

ジャパンアイリストカレッジ
ジャパンアイリストカレッジの公式サイト画面
引用元:ジャパンアイリストカレッジ公式HP(https://www.jeyelistc.jp/)
おすすめポイント
看板メニューにできる時短技術が学べる!
「サロンの回転率を重視したい方」におすすめ。

歴史の長いスクールで技術を
磨きたいなら

ジャパンブロウティストスクール
ジャパンブロウティストスクール(JBS)の公式サイト画面
引用元:ジャパンブロウティストスクール公式HP(http://eyebrow.co.jp/index.html)
おすすめポイント
1991年に設立されたアイブロウスクール!
「歴史あるところで学びたい方」におすすめ。

スキマ時間を利用して
効率よく学びたいなら

セブンビューティーアカデミー
エールビューティーアカデミーの公式サイト画面
引用元:セブンビューティーアカデミー公式HP(https://7beauty-academy.com/)
おすすめポイント
最短28分で受講できるコースあり!
「短時間で効率よく受講したい方」におすすめ。

※セブンビューティーアカデミーは電話番号の記載なし

【調査対象】
2023年2月7日時点のGoogle検索「アイブロウスクール」の検索結果上位50位のうち、公式HPを確認できたスクール(30校)を調査。
そのうち、オフライン講座とオンライン講座の両方に対応している旨を確認できたアイブロウスクール(12校)に厳選。
【3校の選出基準】
・ジャパンアイリストカレッジ:12校の中で、導入できるアイブロウメニューの施術時間が最短(20分)
・ジャパンブロウティストスクール:12校の中で、設立年数が最長(1991年設立)
・セブンビューティーアカデミー:12校の中で、アイブロウコースの受講時間が最短(28分)