公開日: |更新日:

サロンの集客方法

個人サロンにおいて、集客は成功の鍵です。では、どのような集客を行えばよいのでしょうか。ホームページを作ったりブログに載せたりなど集客方法はさまざまあります。自分の店に合った方法を見つけるようにしましょう。

ホームページを作る

ホームページは、すでにサロンについて知っている方に向けた集客方法になります。ホームページには、メニューや料金、営業時間、住所などサロンの細かな情報を記載することができます。閲覧はすでにサロンを知り、実際に来店するために情報を収集している方が中心となるため、必要な情報を分かりやすく記載するようにしましょう。

ホームページは無料で作れるものもありますが、柔軟度が高い有料の方がおすすめ。集客できるまで手間と時間がかかるかもしれませんが、さまざまな集客ツールと連携することができ、店舗の強みを打ち出すためには欠かせない存在です。

ブログに載せる

ブログ集客は、ブログを使ってたくさんの方にアクセスしてもらい、その人たちを自身のサイトに誘導することを目的とした集客方法です。比較的手軽にはじめることができ、検索エンジンからのアクセスがしやすいという特徴があります。ブログを集客に活用することで、サイトのアクセス数を増やし売上につなげることができるでしょう。

具体的には、ブログ記事内でサロンのサービスの紹介を行ったり、メールマガジンの登録やSNSフォローを促したりするなどの方法があります。ブログは単にアクセス数を増やすのではなく、読者との信頼関係を築くことやファンを増やすことが大切です。

チラシで宣伝する

チラシ集客には、新聞折り込みとポスティングの2種類があります。新聞折り込みは配達地域に広く周知できるのが特徴で、高齢者層をターゲットにしたいサロンにおすすめの方法です。高齢者はインターネットを使用した集客方法より、紙を使った方が効果が見込めます。

ポスティングは、各家庭のポストにチラシを投函する方法です。チラシ集客は宣伝したい内容を直接見てもらえることから、即効性があります。一度気に入ってもらえれば、リピーターになってくれる可能性もあるでしょう。

地域誌・フリーペーパーで宣伝する

地域誌やフリーペーパーは、公共施設や地域にある店舗に設置される無料の広告です。フリーペーパーは発行地域や扱っているテーマが明確であるため、主要な読者の属性や嗜好性が近くなる傾向にあります。情報を得たい方が手に取るので、チラシに比べ捨てられにくいでしょう。

ただし興味がある方しか手に取らないため、周知できる範囲が比較的狭いというデメリットもあります。地域誌やフリーペーパーは出版業界や新聞社が発行している場合が多いので、サロン付近の企業に注文するとよいでしょう。

サービスを利用する

サロンに特化したクーポンなどのサービスを活用する方法もあります。クーポンを使えばサロンをお得に利用できるため、店舗への集客を図ることができるでしょう。最近では紙クーポンだけでなく、アプリクーポンなどもあります。

サロンの認知度が低いうちは新規顧客の獲得が大きな課題です。安く利用できるクーポンを発行すれば来店へのハードルが下がり、新規来店のきっかけになります。開店からあまり時間が経っておらず、多くの方に認知されていないサロンでは有効な手段といえます。

SNSを活用する

SNS集客は、サロンの認知度を上げ来店を促すために有効です。ただしSNSのサービスにはいくつもの種類があります。サービスごとの特徴や、利用する層を理解した上で発信するようにしましょう。

Instagramの利用者は10代~40代が多く、施術内容やサロンの雰囲気を画像メインで伝えることができます。Facebookの利用者は40代~60代で若い世代の利用者は少ないですが、安定したブランディングに向いています。TikTokは、10代~20代のターゲット層に向いているSNSと言えるでしょう。SNSは複数のサービスを利用することがおすすめです。

看板を出す

屋外の看板は、道を歩いている方に店舗を見つけてもらったり興味をもってもったりするのには効果的で、不特定多数に広くサロンをアピールすることができます。しかし、そんな看板も道行く方々に見つけてもらわなければ力を発揮することはできません。

文字の大きさや形状、設置する位置などに気を付け、誰にとっても見やすい看板になるよう心がけましょう。一番伝えたい情報ほど、明瞭かつ簡潔な表現にとどめることが大切です。

紹介割引や口コミサービスを導入

口コミや紹介による情報はユーザーに信頼されやすい傾向があり、リピータ―やVIP客につながりやすい特徴があります。特に実際にサロンに通っている人から紹介を受けて来店した方は、そのまま気に入ってリピーターになってもらえる確率が高いです。

口コミによる集客は、店舗側のパワーを使わずにユーザー同士でサービスの良さが広がり来店につながるのが大きなメリット。紹介や口コミでの集客を効率的に行うために、紹介割引を使ったり口コミのあるサービスを導入したりするようにしましょう。

集客を成功させるには

集客を成功させるためのコツを紹介します。

ターゲットを明確にする

ターゲット層に合ったサービスで顧客の満足度を高めることが、集客を成功させるコツです。繁華街にあるなど比較的若い年齢層の人通りが多ければ若者向けに、住宅街で子育て中のお母さんがたくさん来店しそうなら子どもを持つ母親向けにするなど、サロンの立地や雰囲気に合わせてターゲット層を絞るのがポイント。

不特定多数への集客は難易度が高いですが、ターゲットが絞られていれば相手がどのようなニーズを持っているかイメージできます。ターゲットに向けたアピールポイントや、他のサロンにはない強みを確立しやすくなるでしょう。

顧客を知る

集客を成功させるためには、顧客を知ることも大切です。顧客には新規顧客・リピーター・VIP顧客・休眠顧客の4タイプがあります。新規顧客ははじめて来店するお客さんで、リピーターは定期的にサロンを訪れるお客さんのこと。VIP顧客は1回あたりの単価が高いお客さんで、一度来店した後しばらくサロンに来ない客を休眠顧客といいます。

集客においては新規顧客を増やすことが第一ではありますが、同時にリピーターとVIP顧客の比率を増やしていくことも重要です。サービスに満足しないと何度も通おうと思わないため、リピーターやVIP顧客を増やすためにはサービスの質を重視するようにしましょう。

自分のサロンに合った集客媒体を選ぶ

集客媒体には、「プッシュ型」と「プル型」の2種類があります。プッシュ型は、特定の見込み顧客に直接的にアプローチする方法で、チラシやポスティングなどが当てはまります。また、SNSを活用した集客も一部プッシュ型に含みます。

一方プル型は、不特定多数の見込み顧客にアプローチして顧客のほうから企業に接触してくれるのを待つ方法です。インターネットでヒットしたホームページやSNSでの検索、口コミのチェックなどが分類されます。

集客を成功させるためには、プッシュ型とプル型の集客を上手に組み合わせるのがコツといえます。まずはプッシュ型でサロンに興味を持ってもらい、プル型でサロンの情報を詳しく伝えて来客につなげましょう。

ハイブリット受講できるから学びやすい!おすすめのアイブロウスクール
3選

最短20分で施術できる技術を
学びたいなら

ジャパンアイリストカレッジ
ジャパンアイリストカレッジの公式サイト画面
引用元:ジャパンアイリストカレッジ公式HP(https://www.jeyelistc.jp/)
おすすめポイント
看板メニューにできる時短技術が学べる!
「サロンの回転率を重視したい方」におすすめ。

歴史の長いスクールで技術を
磨きたいなら

ジャパンブロウティストスクール
ジャパンブロウティストスクール(JBS)の公式サイト画面
引用元:ジャパンブロウティストスクール公式HP(http://eyebrow.co.jp/index.html)
おすすめポイント
1991年に設立されたアイブロウスクール!
「歴史あるところで学びたい方」におすすめ。

スキマ時間を利用して
効率よく学びたいなら

セブンビューティーアカデミー
エールビューティーアカデミーの公式サイト画面
引用元:セブンビューティーアカデミー公式HP(https://7beauty-academy.com/)
おすすめポイント
最短28分で受講できるコースあり!
「短時間で効率よく受講したい方」におすすめ。

※セブンビューティーアカデミーは電話番号の記載なし

【調査対象】
2023年2月7日時点のGoogle検索「アイブロウスクール」の検索結果上位50位のうち、公式HPを確認できたスクール(30校)を調査。
そのうち、オフライン講座とオンライン講座の両方に対応している旨を確認できたアイブロウスクール(12校)に厳選。
【3校の選出基準】
・ジャパンアイリストカレッジ:12校の中で、導入できるアイブロウメニューの施術時間が最短(20分)
・ジャパンブロウティストスクール:12校の中で、設立年数が最長(1991年設立)
・セブンビューティーアカデミー:12校の中で、アイブロウコースの受講時間が最短(28分)